FC2ブログ

== postcrossing ==

2012年12月に届いたカード③

連日の35度越えの日々…
暑いです、、、今日もまた予想は37度、熱中症には気をつけませんとね。
今日は息子の学校へ行かなければならないので、仕事もお休みです。
ゆっくり更新も出来ますが、ずっと朝に更新することが日課となって来ました。
そのうち習慣になってしまうかも。

PL-603542_convert_20130709081735.jpg 
(ID:PL-603542)

ポーランドの11歳のCさんからのポストカードです。
はい、アザラシのカードですね。senderのCさんは動物が大好きなんだそう。
だからアザラシのカードなんですね。
このカード右下にプラスチックのケースみたいなものがあって、砕いた鉱石みたいなものが
入っていてカラカラ音がします。
一体何でしょうね~。



UA-422998_convert_20130711082104.jpg 
(ID:UA-422998)

ウクライナの17歳の女の子Mさんからのカードです。
恐らくウクライナの民族的な祭りの風景なんだと思います。
が!?
彼女全てこれも恐らくでしかないんですが、ウクライナ語でメッセージを書いてる~~。
さすがに読めませんし、意味も分からない。
せっかく書いてくれてますが読めなくて、ごめんなさい!
カードの裏側もペイントを一杯してくれてて手をかけてくれてるんですが
残念です。

img.jpg   

切手は3枚
上段右から

Europa 2011.Forests(2種の内の1種)        4.30  Ukrainian  grivna
Betula pendula-Silver Birch(アメリカシラカバ)        0.70  Ukrainian grivna  × 2



PT-268071_convert_20130711085203.jpg 
(ID:PT-268071)
ポルトガルの20歳の男性Eさんのカードです。
彼はブラジル出身です。
カードはリスボンのコメルシオ広場(貿易広場)です。
残念ながらカードには「こんにちは」と「リスボンは素晴らしい都市です」
のコメントしかありませんでした。
もっとカードの風景についても書いて欲しかったです。



DE-1764718_convert_20130711090105.jpg
(ID:DE-1764718)
ドイツの31歳の女性Nさんからのカードです。
カードの左上にあるとおりケルンのポストカードですね。
左よりの真ん中にどーんとケルンの大聖堂が建っています。
そして手前の川はライン川です。
ケルンは確か一時期ローマ帝国の植民市でコロニーと言う単語からケルンになったと思います。
ケルンと言うと、いつも私はドイツの作曲家・シューマンの歌曲「詩人の恋」の
6曲目「Im Rhein,im heilligen Strome(ライン川に、聖なる流れに)」を思い出します。
その中の歌詞にライン川、ケルンが出てきます。

Im Rhein,im heiligen Strome(ライン川に、聖なる流れに)
Da spiegelt sich in den Well'n(その波間に映っている)
Mit seinem großen Dome,(大きな伽藍と共に)
Das große,heilige Cöln.(大きなケルンの町が)
詩:ハイネ

私はドイツ・オーストリアに行ったことがありますが、ケルンは訪れていません。
またドイツへ行けるなら是非ケルンにも行きたいです。
カードで見ると分かりますが近代的な建物と歴史的な建物が共存している
ようです。でも、違和感が無いですね。
ケルン市は日本の京都市と姉妹都市でもあります。
de001.jpg 

切手は2枚

Jasmund              55  Euro cent  × 2
(ヤスムント国立公園:ドイツの最も小さな国立公園)

スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:36:33 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old